ヘッダをスキップ  English    ZoomSight起動ボタン  音声読み上げ・文字拡大 Japan Site

サイト名日立金属株式会社 日立製作所トップページへ


ここからグローバル・ナビゲーション |  ホーム  | 製品情報  |  株主・投資家情報  |  研究開発  |  採用情報  |  グローバル・ナビゲーションここまで

    お問い合わせ
検索 by Google

 > 詳細な検索


ページタイトル

ニュースリリース




ここから本文

このニュースリリース記載の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。

 
2012年2月15日
 

マラソン部の譲渡について

 

 日立電線株式会社(執行役社長 髙橋 秀明)は、当社マラソン部を、2012年4月1日付けで株式会社日立物流(執行役社長 鈴木 登夫)へ譲渡することを決定しましたので、お知らせいたします。

 当社マラソン部は、1970年に創部以来、全日本実業団対抗駅伝競走大会(ニューイヤー駅伝)に10年連続25回の出場を果たすなどの戦績を残してきました。また、国際盲人マラソンかすみがうら大会での伴走や地域マラソン大会の主催など、地域社会と一体となったボランティア活動にも積極的に取り組んできました。
 その結果として、当社ブランド価値の向上に貢献するとともに、当社社員の求心力ともなってきました。

 しかしながら、昨今、当社を取り巻く経営環境は厳しさを増しており、当社は2011年9月に発表した中期経営計画「リニューアル・プラン"BRIDGE"」に基づき、経営改革を推進しています。今回、当社の経営全般にわたる改革の一環として、マラソン部の譲渡を決定したものです。

 
 

日立電線 マラソン部の概要

 
  1. 歴史
1970年 創部
1995年 当社シンボルスポーツに制定
 
2. 主な戦績
東日本実業団対抗 駅伝競走大会  4位(1994年、1998年)
全日本実業団対抗 駅伝競走大会 11位(2007年)
勝田全国マラソン 優勝(2012年他8回)
北海道マラソン 優勝(2010年)
札幌国際ハーフマラソン 優勝(2010年、2011年)
 
3. 現メンバー構成
選手(14名)、スタッフ/監督以下(3名)、合計17名

以 上

 
本文ここまで



ローカル・ナビゲーションここまで




ページトップへ

 
ここからフッタ  | 個人情報保護について | サイトマップ | 利用条件 |フッタここまで
日立金属株式会社 COPYRIGHT © 1997 - 2013 Hitachi Metals, Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.